◆ジャンパスイッチ「KJシリーズ」年産200万個体制を整備オータックス

オータックスは、産業用スイッチをベースに、プリント基板上に直接実装するDIPスイッチに注力し、「DIPスイッチのオータックス」として認められてきた。その後、スイッチで培った接点技術を展開し、「接点技術のオータックス」として医療用センサー、エアコン用・FA用端子台、ICソケット、さらには操作用パネルユニット、アルミニウム関連商品群、ゆるみ防止機能付きネジと製品陣容を拡大。

近年では、開発型総合機構製品製造サービス(DMMS)の分野にも進出。スイッチなどの単体部品から筐体などの構造部品にいたるまで、包括的に部品を設計・製造し、完成品の設計・組み立てにいたるまで一貫した製造を提供するサービスを開始し、実績を着実に伸ばしている。CEATECではこれらの製品も含めて紹介する。

このうちDIPスイッチでは、1000種類・月産1300万個体制を確立している。中でも各種電子機器、電気機器、家電市場向けなど電子回路上の各種設定用に開発した1極のジャンパスイッチ「KJシリーズ」を新製品として展示する。年間200万個の生産体制を整備する。ブース№は1A15。
(http://www.otax.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG