NECエンジニアリング 静電気電流を可視化 ESD可視化システムを発売

NECエンジニアリング(東京都品川区東品川4―10―27、TEL03―6713―1111、上河深社長)は、業界で初めて静電気電流の可視化に成功、ESD可視化システムを発売。販売価格は980万円から。計測・分析の受託業務も行う。
電子機器は静電気対策が大きな課題となっている。製造過程で、電子機器のスイッチやコネクターなどに人が触れる際、帯電した静電気が放電し、それによって発生した電流が故障の原因となるケースが多い。そのため、現在、静電気試験器で電子機器の基板に放電しオシロスコープなどを用いて状態を確認しながら、技術者の経験や勘を頼りに静電気の影響を受ける可能性のある個所にアースを取り付けるなどしている。

新製品は、静電気電流が機器内の基板上をどのように流れるかを自動的に計測・可視化でき、的確に対策を講じられる。

具体的には、人工的な静電気により発生した電流を電圧の強弱によって色分けし制御用PC上にアニメーション表示して、静電気放電に起因した機器の誤動作や故障を起こしやすい個所を特定する。計測可能基板サイズはW500×D500×H210ミリ。計測時間は1845ポイントの場合で約50分。

システムは、スキャナーユニット、制御PC用ソフトウェアで構成され、静電気試験器、オシロスコープ、制御PCと組み合わせて使用する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG