全国巡る新型移動展示車「WashiON号」 最新製品100機種を搭載 受注や情報収集で成果

電気接触関連機器の大手メーカーであるWashiON共立継器(長野県下諏訪町4684―1、TEL0266―27―8910、宮川昭二社長)は、新型移動展示車「WashiON号」に最新製品約100機種を搭載し、配電制御システムメーカーなど全国の取引先を巡回しているが、訪問先々で受注や情報収集するなど大いに成果を上げている。

同社は、会社設立50周年を迎え新ブランド名『WashiON』を制定したのを機に、今年、2代目の展示車「WashiON号」を製作した。

新型移動展示車「WashiON号」は、展示製品が1号車と比べ約2倍の100機種と大幅に増やし、一部製品では実際の操作が可能である。

鉄道用リレーやフォークリフトなどに利用されるDCコンタクタ、ビルや病院など重要施設向け常用/非常用電源切換器、データセンターなどに採用されている高速電源切換装置、高電圧回路に使用される高圧真空電源切換器などを新たに搭載している。

展示車「WashiON号」は、全国を巡回しているが、最新製品を身近に『見て、触って、感じられる』と好評である。実際、その場で注文する取引先も出ている。

同社では「当社とお客様との距離が短くなり、受注や、アイデアなど情報も収集でき製品開発につながっている」という。

展示製品は、直流電磁接触器(DC12V~750V、20A~600A)47機種を始め、瞬時励磁式電源切換開閉器(SSK―E、SSK―LE、SSK―LE形)、手動電源切換用装置(SSK―MO形)、高速電源切換装置(HTS―ER、HTS―SH形)、高圧真空電源切換器(VSK―C形)、単極高圧真空電磁接触器(VHS形)、電動車両関連機器(バッテリーゲージ、非常用開閉器、充電ステーション)、各種継電器・補助継電器、各種端子台・配線用機材。いずれも最新主力製品である。
(http://www.kyoritsu‐keiki.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG