アルプスが発売

2回路摺動接点式マイクロスイッチ
アルプスが発売

アルプス電気は、表面実装に対応の2回路摺動接点式マイクロスイッチ「SPVQCシリーズ」を発売した。サンプル価格は税込み350円、無錫アルプス(中国)で月産40万個を計画。非常用ボタン、産業機器の安全装置、車載用操作スイッチなどが主用途。

新製品は、従来品SPVQC9シリーズの構造を継承し、塵、埃、振動や衝撃に強く、高い接触信頼性を確保した表面実装タイプ。機械設計技術と精密加工技術を活用し横幅1ミリと小型化している。また、2回路間の切り替えタイミングは、どのような操作速度でも15ミリ秒以下の短時間で切り替わるため、1個のスイッチで機器のフェイルセーフシステム構築が可能であり、機器設計におけるコストダウンおよび搭載スペースを削減できる。
IP67に準拠。

主な仕様は次の通り。

▽外形寸法=W15・4×D7・4×H7・5ミリ▽最大定格=50ミリA、DC18V▽最小定格=50μA、DC5V▽動作寿命=30万回▽2回路同期タイミング=最大15ミリ秒。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG