市場拡大する防爆関連機器 石油化学プラント中心に3品/エネルギー/半導体製造装置分野で リニューアル需要も活発 防爆ネットワーク製品、Webカメラも増加 防爆安全と機械安全の双方実現

2013年9月18日

爆発危険性の高い設備の安全を確保する防爆関連機器は、石油化学プラントを中心に、食品・薬品・化粧品などの3品分野、エネルギー分野、半導体製造装置分野などで市場が拡大している。同時に、プラントや施設の老朽化などに伴い、リニューアル需要も活発化している。FA分野における防爆関連製品は、コントロールボックス、バリアリレー、照明、プログラマブル表示器(PD)、バーコードリーダ、各種センサ、無線機器など多岐にわたるが、最近ではネットワークの普及に伴い、防爆ネットワーク製品やWebカメラなどの需要も増えている。さらに、アプリケーション面では、水素ガスによる爆発事故が増加していることから、水素ガス雰囲気で使用…