PCで各種設定、グラフ表示 ワゴジャパン

2013年9月4日

ワゴジャパンは、好評発売中のリモートI/O「WAGO I/O SYSTEM750シリーズ」に、3相4線式電源の電力計測モジュール「750―494」をラインアップに加えた。 欧州の3相交流電源は国内で使用される3相3線式とは異なり、中性線がある3相4線式が標準的に使用されている。この製品はL1、L2、L3、各相に設置した電流センサの信号と電圧及びN(中性線)を接続することで、電力量を計算しデータ化することができる。同シリーズのEthernet通信ユニットと組み合わせれば、データをEthernet経由で利用できる。専用ソフトWAGO―I/O―CHEKを使用して、PC画面で各種設定やグラフ表示が可能…