ソーラーパネルの故障検出と故障箇所を特定 「ストリング監視ユニット」 不二電機工業が開発

不二電機工業(小西正社長)は、大規模太陽光発電システム用パネル向けに、複数枚のパネルをまとめたストリングごとに監視・計測し、故障検出や故障箇所の特定を行う、DC1000V対応「ストリング監視ユニットSMHシリーズ」を開発、10月から発売する。標準価格は、マスターユニット2万円、センシングユニット1万4000円。販売目標は初年度1億円。
SMHシリーズは、大規模太陽光発電用パネルの故障検出と、故障箇所を特定することができる。計測データは、ネットワーク接続により、遠方での監視やデータ蓄積が可能である。

同社の遮断端子台「SDH形」や、ヒューズホルダー端子台「PFH形」と連結が可能。機器間の接続には短絡片(ショートバー)を使用し、配線工数を大幅に削減する。

1マスター当たり最大30ストリング監視が可能。1ストリングごとに設置でき、監視ストリング数に合わせた効率的なシステム構築が行える。

さらに、監視・計測ユニットの健全性を常に監視・診断するため、故障診断機能を搭載。万が一のユニット故障を検出し、機器のメンテナンス性を向上させる。

DC1000Vまでの高電圧に対応し、広範囲に及ぶ高電圧の監視・計測を実現した。外部通信は、Modbus―RTU(RS―485)通信に対応する。

同社では、太陽光発電用接続箱メーカーを中心に、販売を行っていく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG