2012年度開閉制御装置生産高2.1%増の6152億円3年連続で増加さん業用分電盤など2桁伸長

2012年度の開閉制御装置(密閉形ガス絶縁開閉装置を除く)生産高は、6152億400万円、前年度比2・1%増となり、3年連続して前年度を上回った。産業用分電盤、特別高圧・高圧配電盤が2桁の伸びを示した。13年度も震災復興需要の遅延や分散型電源の普及促進、生産設備投資の回復などにより、堅調に推移するものと見られる。

開閉制御装置の生産高は、09年度に前年度比15・8%減の5880億5200万円に落ち込んだが、10年度5936億3100万円、11年度6027億3900万円、12年度6152億400万円と順調に回復してきている。

12年度の分類別推移では、閉鎖形配電装置が前年度比5・4%増の17790億1800万円、分電盤が10・4%増の932億1600万円と伸長したのに対し、監視制御装置は0・5%微減の2481億3800万円、その他の開閉制御装置が4・3%減の959億3200万円である。

品目別では、産業用分電盤が11年5月から前年同月比プラスを続けてきたが、今年3月に23カ月振りにマイナスになった。もっとも12年度通期では12・6%の大幅増加である。監視制御装置は昨年12月以降、前年同月を上回っており、復調の兆しがある。

今年度生産は、日本電機工業会によると、密閉形ガス絶縁開閉装置を除く開閉制御装置は前年度比99・1%と予測している。閉鎖形配電装置が95・7%、分電盤が110・4%、監視制御装置が96・4%、その他の開閉制御装置が102・0%である。

配電制御システム市場環境は、東日本大震災の復興需要、大都市部を中心とするビルの耐震対策投資、住宅着工の消費税増加前の駆け込み需要、メガソーラーの建設、分散電源の普及、省エネ対策、生産機械・装置の輸出増など期待材料が多く、今年度もプラス成長の可能性がある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG