光電・近接センサ各社の主力 ピーアンドエフ マイナス50℃対応の厳寒地仕様

本質安全防爆近接センサで豊富なラインアップを誇るピーアンドエフ(P+F)は、従来の耐低温仕様マイナス40℃に加え、新たにプラス50℃まで対応する近接センサ「NJ10―30GK―SN」をリリースした。検出距離10ミリ、M30の円柱型で、金属埋め込みも可能なNAMUR出力の本質安全防爆仕様となっている。高温も100℃まで対応している。厳寒地のプラントや建機、冷凍庫等のアプリケーションに適しているだけでなく、防爆エリアにも使用できる。

また、フェールセーフ対応の専用電源「KFD2―SH―EX1」と組み合わせることで、IEC61508規格のSIL3レベルの安全センサとして機能する。ただし、SIL3条件を前提として使用する場合の保証温度はマイナス40℃となる。

保護等級はIP68。防爆認定も国内TIIS、米国のFM、中国NEPSIを取得、ヨーロッパATEX指令準拠品。

同社では、このモデルの他、マイナス40℃まで対応のSNシリーズを円柱、角型など豊富なバリエーションで用意している。
(http://www.pepperl‐fuchs.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG