ジャンボびっくり見本市 東阪で盛況裏に開幕

2013年4月24日

電設資材、制御機器などの展示即売会「第39回ジャンボびっくり見本市」が、大阪(4月12・13日、インテックス大阪)と東京(4月19・20日、東京ビッグサイト)で盛大に開催された。

毎年春に大阪と東京で開催されている同展は、大阪会場は同見本市協催委員会、東京会場は同見本市実行委員会が主催。今回は、「感じるエココロ
つながる未来(あした)」をテーマに、両会場とも専門メーカー約200社が出展した。

大阪会場では、新年度最初に開催される電設資材分野、制御機器分野の大きな展示即売会ということで、関西を中心に西日本各地から来場者が訪れ、2日間の来場者は1万5515人(目標人数1万5000人)、売り上げ金額104億5000万円(同100億円)となり、どちらも目標を突破した。

特に今回は、新エネルギーの創出や省エネルギーへの創意を中心とした出展テーマが多く、最新の資材・技術が数多く展示され、ジャンルを問わず、より多くの来場者に新しい発見や出会い、驚きなどを体験してもらえるような展示・提案や企画が多かった。

テーマゾーン展示もより一層の充実が図られ、FEMS、BEMSからHEMSまで幅広いエネルギー・マネジメント・システムの提案が行われた。

各種のソリューションブースを設けた企業では、システムだけでなくソフトウェアやモニタと連動させた展示を行い、FEMSやものづくり支援、HMIトータルソリューションなど、工場の各種ソリューションを細かく紹介し、ブースは来場者で賑わった。

毎回好評を得ている「ジャンボびっくり見本市テクニカルセミナー」は、「スマートエネルギー社会に向かって」をテーマに、立命館大学大学院村沢義久客員教授が講演を行った。