産業用コンピュータ「PS4000シリーズ」とシュナイダーのUPSデジタルがセット販売 企業連携のシナジー効果生かす

2013年4月17日

デジタル(大阪市住之江区南港東8―2―52、tel06―6613―1101、安村義彦社長)は、シュナイダーエレクトリックグループ間での連携によるシナジー効果を生かし、同社の産業用コンピュータ「PS4000シリーズ」と、シュナイダーエレクトリック(東京都港区、セルジュ・ゴールデンベルグ社長)のUPS(無停電電源装置)のセット販売を4月12日から開始した。標準セット価格(税込み)は、パネルタイプ19型とのセットが71万9507円から、同15型とのセットが54万7622円から。 PS4000シリーズは、2012年の発売以来、受注生産方式により、拡張スロットの数、OS、CPU、さらに記憶媒体の種類など…