フジコン 温度ヒューズ対応端子盤新製品で新たな需要開拓

フジコンは、端子盤の専業メーカーとして、産業用電子機器をはじめ、電気制御機器、計測器などあらゆる需要に応えられる製品をラインアップしている。

ユーザーのニーズに応じた新製品開発にも積極的に取り組み、中継型、貫通型それにコネクタンシのシリーズを充実する。さらに、基板端子のシリーズも拡充、環境機器用、車載用など新規需要も開拓、新たな用途開発から需要が増加している。

各種の新製品のなかで、中継型端子盤の温度ヒューズ対応端子盤も新たな市場向けとして注目されている。

温度ヒューズ対応端子盤は、F1010―40A(定格AC600V、40A)とF1010―60A(定格AC600V、60A)の2機種がある。

ピッチは40Aが13ミリ、60Aが15ミリ。両機種とも絶縁抵抗は500V1000MΩ以上、耐電圧は3000V1分間以上。
(http://www.fujicon‐tb.co.jp/)

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る