不二電機工業 太陽光発電接続箱向け端子台「SDH-14形」1500V定格絶縁電圧に対応

2013年2月27日

不二電機工業は、国内で初めてDC1500Vの定格絶縁電圧に対応する、太陽光発電の接続箱などに最適な端子台「SDH―14形」を開発、発売を開始している。

SDH―14形は、国内で初めてDC1500Vの定格絶縁電圧に対応(同社調べ)する。ACは1000V対応で、太陽光発電用の接続箱など、高い電圧が求められる回路に安心して使用できる。

同社が長年培ってきたスイッチ技術を駆使し、直流開閉技術を生かした構造を採用。活線状態での開閉(遮断)が可能である。

電流が流れている状態で遮断でき、作業の手間が省け、時間が短縮できる。

ネジアップ式のM5ネジの採用により、接続可能な電線のサイズは、5・5平方ミリから、最大14平方ミリまで対応できる。

本体の色は、分かりやすい黄色を採用している。

同社は、これまで太陽光発電向けに、断路端子台「AFD形」、配線脱落防止機能が付いた断路端子台「AQD形」を発売しており、いずれも好評を得ている。
(http://www.fujidk.co.jp)