各種装置を支え大きな市場形成

2013年2月27日

端子台、コネクタ、配線資材などの配線接続機器は、各種装置を陰から支え大きな市場を形成している。2011年度(11年4月~12年3月)の配線接続機器の出荷は、日本電気制御機器工業会(NECA)の接続機器を含めた制御用専用機器の統計では、1289億円(前年比2・8%増)となっている。12年度は、第1四半期は前年同期比29・3%減と減少したが、第2四半期からは同14・2%増、第3四半期同5・8%増とプラスに転じている。FA分野は業種によって差が大きいものの、エネルギー関連や社会インフラ関連、さらに航空機や船舶などが堅調な拡大を見せている。製品は小型・薄型化、狭ピッチ化、配線作業の省力化、さらに安全性…