富士電機機器制御 小容量用途用「SKシリーズ」 小型で軽量・低消費電力

富士電機機器制御は、電磁開閉器の国内トップメーカーとして豊富な品ぞろえと実績を有する。中心機種は9A~800Aフレームまでそろった「SC
NEOシリーズ」と、2・2kW以下の小容量用途用に世界最小クラスの「SKシリーズ」。このうちSKシリーズは、小型化・低消費エネルギーニーズに対応して小型アクチュエータの採用をはじめ、設計を大幅に見直して小型化と軽量化、低消費電力化を実現した。外形サイズは45(幅)×48(高さ)×49(奥行き)ミリで、交流制御品と直流制御品を、同一寸法で実現している。

制御コイルは交流、直流(2・4W、1・2W)、低消費電力形を用意し、6、9、12Aの3定格が完備している。また、着脱可能な端子カバーを標準で装備し、IP20の保護構造で安全性を考慮するとともに、ミラーコンタクト機能も装備。短絡電流定格値(SCCR)は50kA480Vとなっている。

さらに、マニュアルモータスタータ(MMS)BM3シリーズと組み合わせることで、コンパクトで高次元の電動機制御回路を構成できる。

国内外規格は、JIS、IEC、GB、UL、TUV、CCCなどを標準で取得している。
(http://www.fujielectric.co.jp/fcs/)

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る