34・40極ネジアップ式「PCA7シリーズ」 横幅寸法さらに小さく東洋技研がコネクタ端子台

2013年2月20日

接続機器大手の東洋技研(長野県岡谷市長地権現町4―8―7、TEL0266―27―2012、花岡孝社長)は、34極・40極ネジアップ式コネクタ端子台「PCA7シリーズ」(標準タイプ)と同PLC対応「PCA7―TB」、同コモンタイプ「PCA7―COM」各シリーズを一挙に発売した。小型化するPLCやSBCに対応し、さらに横幅寸法を小さくした。 ネジアップ式コネクタ端子台PCA7シリーズは、横幅寸法が34極で124ミリ、40極で145ミリとともに好評のPCN7シリーズに比べ4ミリ小さくなり、制御盤の小型化、トータルコスト低減に貢献できる。 また、記名板や記名シールにも工夫を凝らし配線作業の効率化を図っ…