Cpに優れた私事調節計チノーDINサイズ・6形式発売

2013年2月20日

計測・制御・監視システムのチノーは、コストパフォーマンスに優れたデジタル指示調節計「DB600シリーズ」を発売した。本体価格は2万5000~4万4000円。 DB600シリーズはコストパフォーマンスを重視し、48ミリ角、48×96ミリ、96ミリ角のDINサイズで、定値調節計と4パターン12ステップのプログラム調節計の6形式をそろえている。 制御アルゴリズムは、従来のPID制御と、岩手大学と共同開発により植物の恒温機能をアルゴリズム化した“Z制御"の2つの形式から選択できる。 特に、Z制御は立ち上がり時や外乱発生時の操作量を抑制できるため、従来のPID制御よりも省エネルギー運転が可能である。また…