NECAが「顧客満足度」調査 省電力化・LED照明導入は1/3 創エネ・蓄エネはこれから

2013年2月20日

東日本大震災発生以降、エネルギー問題がクローズアップされ各方面で取り組まれているなかで、工場での実際の取り組みは節電などの省電力化やLED照明の導入などは進展しているが、発電や蓄電対策までを行っている工場はまだ少ないという実態が分かった。これは、日本電気制御機器工業会(NECA)商社業務専門委員会が行った「第14回顧客満足度調査」の中で明らかになったもの。 商社が日頃取引している製造業の購買担当者や設計担当者など約2000人からアンケートを回収した。これによると、約3分の1が省電力化の促進やLED照明の導入検討など何らかの取り組みを行っている。しかし、まだ3分の2は対策が取られておらず、省エネ…