安川が第1弾発売ACサーボドライブ「∑-V-EXシリーズ」1通周期125us業界最速を実現

2013年1月16日

安川電機は、ACサーボドライブ∑―V(シグマ・ファイブ)シリーズに、さらなる高性能を追求した「∑―V―EXシリーズ」を追加した。 EXシリーズの第1弾として、MECHATROLINK―IIIの高速通信に対応した「∑―V―EX001」の販売を開始した。価格はオープンで、2013年度月産200台を計画している。 ∑―V―EX001は、MECHATROLINK―III用のサーボドライブとして、従来の通信周期の250μsから、業界最速の通信周期125μsを実現。これにより、指令やモニタの高速化でスループットが向上するため、上位コントローラからの指令やモニタなどに要する通信時間の短縮や、高頻度に位置決め…