わが社の’13経営戦略 営業部門をさらに強化

2013年1月9日

昨年は、最悪の年だった。今期(60期、6月決算)の7~10月は、ほぼ目標通りだったが、11月以降、12月、そして1月も崖っぷちの状況にある。受注の狭間に入ったようだ。 視覚障害者向け製品、ソレノイド(電磁部品)、体性感覚刺激製品の3本柱に、昨年特許出願した地震感知ストッパーを加えた製品を主力とするが、総じて良くない。 視覚障害者機器の点字ディスプレイは、海外向けではクリスマス商戦にはまってしまったようだ。それに福祉予算が削られたことの影響も大きかった。ただ、韓国は増加し、今年は20%増も見込むなど、期待している。 ソレノイドは、さらなるテコいれが必要である。いくつかのポイントがあるが、管理体制…