わが社の’13経営戦略 原価低減、人材育成に重点

2013年1月9日

昨年は、この欄で貿易収支の赤字、為替の円高推移、消費税問題の浮上などが輻輳して景気の先行きが読み切れない状況が続くと語ったが、予想通りになってしまった。トランス業界も厳しい経営環境であった。 そうしたなかで、当社も夏場まで売り上げが落ち込んでいたが、9月から中型トランスの受注が急増し、今年1月まで生産のフル稼働が続く見込みである。その結果、2012年12月期は後半盛り返して売り上げが微減にとどまる見通しにある。 今年の景気は、3年振りに政権が代わったので、先行き明るくなると思うし、そうなるよう期待している。大手企業は株高、円安に振れ、3月期決算が良くなる。産業界のムードが変わる気がする。ただ、…