わが社の’13経営戦略 情報発信力と営業強化

2013年1月9日

昨年は、海外ではEUの金融危機が長引き、中国の経済成長が減速し、国内では不安定な政局が産業界に少なからず影響を与えた。半導体製造装置をはじめとする民間設備投資が抑制された。 当社は、国内市場ではサイリスター、温度調節器が空調向けに受注が入るなど大震災復興関連の需要が出てきた。輸出はタイの洪水特需が続いているものの中国向けが減少し、EU向けも注文が小口化している。 今年は、新政権次第であるが、とにかく景気が上向くよう対策を講じて欲しい。明るい材料は、大震災の復興投資が本格的に見込めることである。海外市場では、中国が経済成長政策を継続するので設備投資が昨年よりも動き出しそうである。景気はゆっくりと…