わが社の’13経営戦略 グループ連携で拡販推進

2013年1月9日

昨年はSEMI(半導体・液晶、ソーラー)関連の需要が大きく落ち込んだが、当社の2012年12月期の売り上げも、SEMIほどは減少していないものの、前年度比マイナスとなった。しかし、三菱電機のASP販売店30社での売り上げは、物流向けへの製品の浸透が遅れたことで売り上げ増には貢献しなかったものの、横ばいで推移している。 今年度の売り上げは昨年度のマイナス分は取り戻し、さらに少しでもプラスにしたい。そのための打ち手の一つとして、今月1日から島清史前社長が米国本社のバイスプレジデントに就任し、三菱電機とのグローバル協業を推進することになった。 日本企業の海外進出が活発化しているが、そのスペックインは…