Check !!

わが社の’13経営戦略 スイッチ一筋の姿勢堅持

今期の業績は、昨年の大震災の特需に伴うプラスの部分がなかったこともあり、売り上げは横ばいで推移しており、期末の3月までにちょっとでもプラスに持っていきたい。

今期は新製品として、KA形表面実装ライトスイッチ、CH形照光押しボタンスイッチ(コネクタタイプ)、XH形簡単配線ユニットなどを意欲的に発売した。いずれもユーザーニーズをキャッチして商品化していく取り組みの一環で開発したもので、省配線、省工数で使い勝手を考慮したものとなっている。

当社のスイッチは今まではパネル取り付け用が中心であったが、今後は基板用スイッチやDC(直流)用スイッチなどにも注力していく。

製品開発も、ユーザーの求めているものを聞いていくことで、従来は開発まで3年ぐらいかかっていたものが、今は1年ぐらいでできるようになり、スピード、着眼で大きな効果につながっている。

今年2月から創業62年目に入るが、来期もいくつかの新製品発売を予定しており、その効果が売り上げ増に繋がるものと期待している。

これまでスイッチ一筋に、大手メーカーと棲み分けしながら、隙間的な商品開発を重視し展開してきたが、この姿勢を堅持しながら、今後も市場に種を蒔き、花が開くようにしていきたい。

ターゲット市場も、食品、医療、社会インフラ関連などにも視点を置いており、また海外市場の開拓も今後の検討課題として考えている。

一方、生産も自動機の導入を進めて、さらなる生産性と品質の向上に取り組む。

市場を取り巻く環境は厳しい面も多いが、社員一人ひとりが緊張感を持って仕事に取り組み、最高のパフォーマンスを発揮することで、気持ちだけは負けないように今年も気合を入れて取り組んでいきたい。そしてスイッチのファーストコールになれるようにしたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG