わが社の’13経営戦略 体質変革で収益を確保

2013年1月9日

2012年度の国内の経済は、復興需要を背景として一部に緩やかな回復の動きがみられたものの、輸出やそれに伴う生産活動が停滞し、厳しい状況となった。海外においても、欧州では財政不安等により景気が足踏み状態にあり、中国でも経済成長が鈍化したことから、全体として減速の動きが広がっている。こうした経済環境のなか、先行きの不透明さも拡大していることから設備投資の回復が低調に推移し、当社を取り巻く事業環境も厳しい状況が続いた。

13年度も低調な市況が継続すると思われるが、過去の市況サイクルとは異なり、グローバル競争の中で国内産業構造が大きく変化している。この環境変化の中で当社は、「技術・製品を基盤に、ソリューション展開で”顧客・社会の長期パートナー”へ」、「地域の拡大と質的な転換による“グローバル展開"」、「環境変化に対応する“学習する企業体"への組織的な変革」を3つの柱に、ビジネスの拡大と収益確保のための体質変革に取り組んでいく。

国内では、製造業が強みを維持している高機能素材や複合部品市場、新エネルギー市場を中心に、付加価値を織り込んだ商品を使って、顧客の課題解決を提供していく。海外では、省エネ・MROを切り口としたライフサイクルソリューションビジネスなど、地域の拡大と質的な転換でグローバル展開を進展させる。

商品群では、幅広い産業ニーズに対応する汎用光電センサ、多様な情報統合やアプリケーション適応に応える計装ネットワークモジュール、新JIS規格対応でお客様の安全に貢献する燃焼安全コントローラなどのラインアップ拡充や、天然ガスなど新エネルギー市場でソリューション展開する商品群、3・11以降急速にニーズが高まっているBCPソリューション、建物から工場までカバーできるazbilグループならではのエネルギーマネジメントソリューションなどを提供していく。