分岐点

若い頃、上司から「出来ません」「分かりません」とは言うなと教えられてきた。相手に対して失礼で以後会ってもらえないという意味もあるが、自分の成長を妨げるとの理由からである。課題を持ち帰って、いろいろ調べたりすると別の知らない世界が見えてきて、後々の役に立つことが何度もあった。

経験を積んでいくと、この段階を越えて、自分が先に情報を出す。有能なベテランになると、会社に必要な情報は必ず社内に発信し、顧客には大切と思われる情報を組み合わせて提案する。社内の人間関係がうまく進み、顧客との関係もますます深くなる。有能な人は、聞いて来れば答える形式は採らず、進んで発信するタイプが多いようだ。

立花エレテックは、ダボハゼ的精神を呼び掛けている。視野を広くし、発生する商談は何としても獲るという意志表示である。「当社では取り扱っていません」ではなく、「出来ます」と応じて取り組む行動は、顧客も過程を見ているもので、その出来不出来に拘わらず、いずれ商いにつながる。ダボハゼ人には情報が集まってきて仕事に充実感が出る。

来年は、「巳年」である。巳年は、草木の成長が極限に達し、次の生命が宿されるそうだ。市場はあちこちで胎動しつつある。その種子を掴み、成長を共に歩む希望の年にしたいものである。できれば、食らいついたら離さないマムシの精神で。もちろん、マムシの滋養を顧客と分け合うという意味である。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG