IDEC 兵庫県佐用町とメガソーラー事業で協定国内初の木造パネル架台

2012年12月12日

IDECはこのほど、兵庫県佐用町と、メガソーラー事業で協定を締結した。国内初となる伝統の木造建築をメガソーラー施設に採用するもので、10万平方メートルの敷地に、5メガWの発電能力を有する産業用太陽光発電事業を共同で開始する。 事業概要は、総事業費15億円(送電線敷設費用2・2億円を含む)を投資し、兵庫県佐用郡佐用町口長谷字申山219番地15の用地(面積10万540平方メートル)に、2万1000枚のソーラーパネルを駆使し、5メガWの発電規模を目指す。 年間発電量は533万KWhで、一般家庭消費電力に換算すると、約1500世帯分に相当する。発電した電気は、全量を固定価格買い取り制度により売電、年間…