FA・制御機器流通市場 関東地区 内需関連へのアプローチに重点

2012年10月31日

関東地区のFA・制御機器流通市場は、東日本大震災に伴う前倒し需要やタイ洪水特需の反動に加え、地デジ開始に伴う需要減、中国市場停滞など、内外の逆風の影響を大きく受けている。現状前年同期比85~90%の売り上げで推移しているところが多い。関東地区では自動車関連は比較的堅調であるが、半導体・FPD製造装置関連は停滞している。 しかし、こうした中でも各社が工夫を凝らしながら営業を展開し、売り上げ確保に取り組んでいる。 現在、最も重点的に取り組んでいるのが内需関連産業へのアプローチである。電力供給の不安問題から、節電や省エネ関連需要へのアプローチは各社とも継続して行っている。電力消費の見える化が実現でき…