海外7つ目の支部CLPAがインドに開設

CC―Link協会(CLPA)は、7つ目の支部として、インドのデリーおよびプネに「CLPA―india」を19日から開設した。これにより、インドでのCC―Link普及に向けたプロモーション活動を活発化させる。
インドはアジアの新興国の中でも、製造業などの進出が旺盛で、日本からも自動車産業などをはじめとして、生産拠点を立ち上げる企業が相次いでいる。

CC―Linkは、2000年に三菱電機などが中心となって開発された日本発のオープンフィールドネットワーク規格で、アジア市場中心に海外でも採用が拡大しており、CLPAのパートナー企業も現在1742社に達している。その約3分の2にあたる1149社は海外企業となっている。海外支部の開設は、01年から韓国、台湾、米国、欧州(ドイツ)、中国、ASEAN(シンガポール)の6つの国・地域で順次立ち上げ、活動している。このうち、韓国、米国、欧州、中国には、パートナー企業が開発した装置がCC―Linkの規格を満たしているかを検証するコンフォーマンステストセンターも設けており、現地で迅速に検証が行える体制も整えている。

CLPAでは、現在インドに4社あるパートナー会社をさらに増やすとともに、CC―Link対応製品の拡販および開発を支援し、インドでの浸透に取り組む。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG