Check !!

CLPA CC―Linkの普及促進幹事会社に初の中国企業

【名古屋】CC―Link協会(CLPA)は、中国の大手重電メーカー系企業、上海電気菱電節能控制技術(上海市)をこのほど幹事会社とした。幹事会社としては初の中国企業で、今後も高い成長が見込まれる中国市場でのCC―Link普及を促進させる。

CC―Linkは、制御と情報のデータ処理を同時に高速で実現できるオープンフィールドネットワーク規格。対応機器の供給やシステム構築を支援するパートナー企業は9月末現在、1742社に達しており、CC―Linkに接続できる製品も1246種類ある。

幹事会社は、CLPAの議決権を持ち様々な事項を決定できる。従来の幹事会社は、IDEC、デジタル、日本電気、住友スリーエム、コグネックス、三菱電機の6社。

上海電気菱電節能控制技術は、三菱電機と上海電気集団の合弁会社で、省エネシステム、FAシステムなどの設計開発を行っている。CC―Linkを活用して中国の自動車メーカーなどに、省エネシステム、生産効率化システムを数多く構築している。

エネルギー利用の効率化を課題としている中国では、各種政策を通して、環境関連産業の育成が強力に推進されており、省エネ関連ビジネスの長期的な成長が見込まれている。中国市場に精通した上海電気菱電節能控制技術が幹事会に参加することで、CLPAの活動の一翼を担ってもらう。

中国でのパートナー企業数は現在218社だが、今年度中に240社を目標としており、将来的には500社まで伸ばす計画だ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG