産業用トランス 応用分野拡大堅調な動き震災の復旧・復興にも大きな役割 新エネルギー分野で新市場 耐雷トランスが急伸 特注品の比率高まる メガソーラーへの採用進む

2012年10月17日

産業用トランス市場は、FA、ロボット・工作機械、医療機器、防災機器、IT関連、再生可能エネルギー関連、アミューズメントなど、幅広い分野に支えられ、堅調な動きを見せている。東日本大震災以降は、電源装置などとともに被災地の復旧・復興を支える機器として大きな役割を果たしている。機能面では軽量・コンパクトのほか、ねじアップ式端子台タイプ、通電時LED表示タイプ、事故再発防止トランスなどの機能を持つ製品が伸長している。最近では中型トランスにおいて新形状の成形ボビンを採用することで、コイルのレヤーレス巻きを実現し、放熱効果の向上などが図られている。市場の動向では、特注品の比率が高まっているほか、電力関連や…