オムロンSKソリューションを子会社化

オムロンは10月1日付で、福岡市に本社を置く制御機器商社、SKソリューション(福岡市博多区博多駅中央街1―1、TEL092―432―7646、辛島實社長、資本金5000万円)を100%子会社にした。

SKソリューションは2003年4月、制御システム・FA機器製造販売会社の末松九機(福岡市博多区、木原清社長)のグループ会社として設立。オムロン製品を中心に、九州地区の顧客への制御システムの設計・製作、販売、サービス・サポートを提供している。福岡本社のほか、北九州、長崎、熊本、大分に営業所を、福岡に流通センターを置いている。従業員数は67人。

今回オムロンは、末松九機が持つSKソリューションの全株式を取得したもので、子会社化することで、販売とサービス体制をより強化していく。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る