前年同期比で微増 配・分電盤は大幅伸長 配電制御システム開閉制御装置の第1四半期生産 品目別で明暗分ける 今年度通期では2桁近い伸び期待

2012年8月29日

開閉制御装置の今年度第1四半期生産は、1166億2200万円、前年同期比100・9%と堅調に推移したが、品目別で大きく分かれた。配電盤、分電盤が123・1%、128・9%と大幅の伸びを示す一方、監視制御装置とその他の開閉制御装置は84・6%、81・2%と減少した。この傾向は今後も続くと見られているが、開閉制御装置全体では今年度2桁近い伸長が期待できる。 開閉制御装置は一昨年度までの数年間、制御盤や監視盤などの監視制御装置が製造業の設備投資に牽引され成長してきた。 配電盤、分電盤は公共施設やビル、マンションなどの建築物件の減少の影響を受けて低迷してきた。 しかし、昨年の東日本大震災以後は様相が一…