操作ボタン部大きくフラッシュシルエットスイッチIDECが9月発売

IDECは、ベゼルサイズ26ミリ(取付穴22ミリ)で、操作ボタン部の面積を大きくし操作性を高めた、パネル奥行き34・9ミリのフラッシュシルエットスイッチ「LBWシリーズ」4416機種、アクセサリ5機種を9月7日からグローバル発売する。標準価格は1300~4040円。3年後50万個の販売を目指す。

LBWシリーズは、同社が好評を得ているフラッシュシルエットスイッチ「LBシリーズ」の操作ボタン部の面積を、ベゼルサイズ26ミリに拡大した操作性重視の大型操作用ボタンスイッチ。

LBシリーズ同様、パネル面からの高さ2ミリ、パネル奥行き34・9ミリの業界最短胴クラスで、パネルの省スペース化とともに、配線作業が容易な操作部と接点部の分離構造となっている。

プリント基板配線によるワンボード化や、パネル取り付けと別工程でのハーネス加工作業など、配線作業の効率化を実現する。

ベゼル高が2ミリなので、パネル全体のイメージをシャープに引き締め、デザイン性をアップした。ベゼル形状は丸と四角、ベゼル色は黒とメタル調を用意。さらに黒色ベゼルには誤操作を防止するガード一体化も用意。

機種バリエーションとして、押ボタンスイッチ/セレクタスイッチ/鍵付きセレクタスイッチに3C接点タイプを品ぞろえ。鍵付きセレクタスイッチは、鍵ナンバー違い6種類まで対応。板鍵の抜け位置も自由に指定できる。

照光押ボタンスイッチは、乳白レンズに赤・緑・アンバー・青色LED球の組み合わせも可能である。

なお、同社では取付穴16ミリLBシリーズの追加バリエーションとして、照光セレクタスイッチ393機種(ベゼルはフラッシュシルエットと標準タイプを用意)、レバースイッチ42機種(同)、丸ドーム表示灯198機種、さらにLB/LBWシリーズユニットと同一基板で使用可能な、LED式小形表示灯ワンボード対応タイプ「UPシリーズ」9機種を、9月12日からグローバル発売する。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG