混沌時代の販売情報力黒川想介 まず自分を売って、商品を売る

2012年8月22日

新しい顧客の開拓がむずかしい。顧客開拓で成果が出ない、と販売員の嘆く声が聞こえる。狙いをつけて訪問しても担当の人に会うことはできない。受付のような部署でことわられるケースが多い。どうやれば中に入って、担当の人に会わせてもらえるか分からない。ようやく会社の中に入れて技術系や購買などのようなかかわりのある人に会えても、何かあったら連絡すると言われて退散する場合がほとんどである。また来て下さいとは言ってもらえないと嘆く販売員がほとんどである。ひと昔前なら、販売員に少しの勇気があれば見込み客の門をくぐれた。門をくぐった先には受付があり、現場の技術者が出てきてくれる場面は多かった。 その頃と現在はどこが…