LEDに安定した定電流を供給大和無線電機が実験用のドライバー ノイズやチラツキを検査

2012年8月8日

大和無線電機(東京都文京区湯島2―5―15、TEL03―3814―5083、堀内覚社長)は、LEDに定電流制御で電流を供給する非絶縁タイプの「LEDドライブ電源IC評価実験基板キットDM―005」の販売を開始した。このキットは、LEDに高効率で安定した定電流を供給する実験用・教科実習用ドライバーで、LEDを使用した時のノイズ発生や照明のチラツキなどといった周囲環境への影響を検査することができる。 LEDドライバーICには、サンケン電気のLC5205S/5225Sを使用し、過熱保護回路を内蔵しており、異常な高温時には、動作を中止し、温度が下がれば再度LEDを点灯できる。 また、基板パターンの沿面…