混沌時代の販売情報力黒川想介 60年代の販売方法にヒント

2012年7月25日

『一芸に秀でる者は百芸に通ず』という言葉がある。これは一つの分野で研究し鍛錬してその道を極めた人は、他の分野でも人並み以上に優れた活躍ができるものだという意味である。一つの分野を極めていく過程で多くの苦難を乗り越えて、多くの経験を積んでいくから、いろいろなことに精通できているのだ。変化の激しい時代にあって、何かアイデアはないか、新鮮な企画はないかと言われても簡単に考えつくものではない、何かおもしろい販売方法はないかと言われても、すぐに出せるものではない。 人は子供の頃から様々な経験をして育つ。社会に出ても多くの経験を重ね、それまでの人生で多岐にわたり積み重ねた経験が基礎にあるから、悩み考えてい…