フジコン貫通型端子盤F2379AX新製品の開発でシリーズを充実

フジコンは、端子盤の専業メーカーとして各種産業用電子機器、電気制御機器をはじめ、あらゆるニーズに対応した品ぞろえに定評がある。同展では、さらにシリーズを充実した端子盤、そして急速に需要を拡大しつつある基板端子の出展が注目される。

貫通型端子盤では、F2379AX、F2380AX、UF2383AXT1の新製品に、さらに新シリーズを加えた。温度ヒューズ対応端子盤F1010―60A(定格AC600V60A)、同―40A(定格AC600V40A)もそのひとつ。新しい需要に対応した新シリーズとして注目される。

また、端子盤の関連部品の基板端子は、環境機器用、車載用など、急速に需要を拡大。

独自構造の基板端子F4112A(定格15A)の新製品に引き続き次々に新製品を開発、シリーズの充実により、さらなる需要拡大を見込んでいる。
(http://www.fujicon‐tb.co.jp)

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る