新興国、食品関連が牽引中国は2次電池設備投資が活発市場動向

2012年6月27日

温度調節器(計)は、温度・湿度・圧力など各種センサから取り込んだ測定値を必要とする設定値と比較し、その差を修正する信号をリレーやアクチュエータなどへ出力し、対象物の温度や湿度を調節する制御機器・システム。 電子方式が主流に 電子機器が高密度化し小型化が進むことから、成型機などで微妙な調整が重要になっているが、特に半導体やFPDなどでは、歩留まり率に関係してくることから高精度な温度調整が必要である。食品分野では、味覚や品質管理上から温度調整を頻繁に行っており、消費者の嗜好と食品の安全に応える取り組みが強化されており、温度調節器の果たす役割が大きくなっている。 現在の温度調節器(計)は、半導体技術…