表示関連機器国内市場堅調に推移 置き換え進む食品業界

2012年6月20日

食品・医薬・化粧品の3品業界も、トレーサビリティの徹底化や、安全な製品を提供するための工場の「見える化」が進んでおり、表示機器の大きなアプリケーションに成長している。食品向けトレーサビリティ対応生産時点情報管理タイプは、タッチパネル付き表示器でポカミスを軽減し、工程ごとへの部分導入ができ好評である。このうち食品業界は比較的単純で小型の機械が多いことから、PDよりは押しボタンスイッチなどを使った操作盤が多かったが、PDの機能向上や高輝度・カラー化、低価格化などから置き換えが進んでいる。業界全体での使用台数が多いだけに、PDに置き換えが進んでいくことで、大きな市場になりそうだ。 また、印刷機械など…