分岐点

オートメーション専門の本紙情報の無料メール配信サービスを開始します。技術者の方々は、紙とインターネットから情報を複眼的に捉え思考することが可能になります。スポーツに限らず、情報収集力を備えなおかつ活用して目配り気配りできる人材が技術の世界でも活躍している。

個々人の優れた能力と互助の発露のバランスをとるサッカーなどと同様に、技術者は全員がプレー(商品開発)のエースになれる立場にある。その資格条件の一つが複眼による思考力である。専門紙や雑誌、Webの情報を読み、エンドユーザーや他の技術者とのコミュニケーションを図り、実物観察で広く深く養える。

案外、新聞情報とWeb情報の二者択一で済ませてしまうことがある。Webはテーマに関する情報量の獲得には有効であるが、他方の新聞や雑誌は技術の濃淡さと周辺を含めた情報、第三者の目を通した記事から内容の良し悪しを読み取れる。無意識に情報を吸収し記憶から引き出して開発に転用できる。

もちろん、新聞もWebも“情報の藏"という役割は共通している。求めたい情報の深耕と広域性で入手先を選り分けすると、両方を一層有効活用できる。と、ここまで書いてPRと気付いた。本紙とWebとどちらが2杯目のコーヒータイムに読まれるのか分からないが、ご愛読を。そしてご意見を。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG