表示関連機器国内市場堅調に推移 グローバルシェア30%

2012年6月20日

PDのグローバル市場は1800億円前後と推定され、このうち日本メーカーのシェアは約30%と見られる。海外生産の増加で競争力が高まればさらにシェアアップが見込める。工作加工機械、食品・包装機械、半導体・液晶製造装置、ロボット・組立機械、搬送機械、自動車周辺分野などPDの用途は日本が比較的強いところが多く、さらなる伸長が期待できそうだ。 機能的には、バックライトにLEDを採用し、消費電力の低減化や水銀レス化が進んでいる。特に欧州は環境に敏感な地域で水銀規制が進んでおり、LED化を加速させる要因となっている。 初期の頃は、単なるスイッチや表示灯を代替する表示的機能のみのPDであったが、最近では情報端…