Check !!

表示関連機器国内市場堅調に推移 LED化で需要が拡大

工場などの生産機械では10年、20年と長い期間使用されるものも多く、機械の寿命に対し、電子機器であるPDは、画面が見えづらい、反応速度が遅い、視野角が狭いなどの古い機種に多い使いづらさが出ている。作画ソフトが使いやすくなってきたこともあり、こうした新しい機能面を、PDのみをリニューアルすることで使うことができる。PDの新規採用機械の増加に加え、リニューアル需要も今後増えてくることは確実で、PDメーカーの中には、こうした提案活動に注力するところもある。

PdはFA分野のほか、非製造分野での用途も増えている。前述した外食産業のほか、不特定多数の人が限られたスペースで多様な情報や設備・装置の操作が行えるので、ビル監視や車両監視、券売機、駐車場、公共設備、アミューズメント設備・機器などで採用が拡大している。さらに、PD内蔵のコントローラを活用し、散水の管理・制御などを中心に、農業分野でのアプリケーションも拡大を見せている。

今後はこうしたFA以外での用途開拓も重要な取り組みになってくるものと思われ、市場発展の可能性はまだまだ大きい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG