低価格で高速応答天然ガスカロリーメーターアズビルが販売開始

アズビルは、天然ガスの公正な取引を実現するための天然ガスカロリーメーター「GasCVD(ガスシーブイディ)」を1日から販売開始した。標準価格はベーシックモデルで41万8000円から、3年目には2000台、10億円(サンプリング装置込み)の売り上げを見込んでいる。
GasCVDは、国や地域によって成分比の異なる天然ガスのカロリー値を計測する天然ガス専用のカロリーメーター。従来、ガスの取引にはガスクロマトグラフが多く使用されてきたが、分析のための部屋の設置や分析用のサンプリング装置の準備などが必要でコストが高く、分析時間も長かったことから、天然ガスの顧客間取引、ガスタービン・炉などの燃焼効率向上を実現するアプリケーションにおいて、より安価でかつ高速応答なソリューションが求められていた。

価格は一般的なガスクロマトグラフの5分の1から20分の1の低価格で、応答時間は30秒以内と10倍以上の高速応答を実現している。

また、公正な取引を証明するために、国際計量法OIML R140のCVDD認証、および欧州計量法WELMEC MID MI―002認証を取得し、精度プラスマイナス1%の測定性能を実現している。

さらに、サンプリング装置もガスクロマトグラフより簡易なもので対応でき、天然ガスカロリー測定用に設置する機器としてトータルコストを低減している。

ヨーロッパ向けにはOIML/WELMEC認証に加え、ATEXおよびIECExの耐圧防爆認証を取得しているほか、日本、アジア向けには日本の熱量調整などにも対応した補正機能を搭載しTIIS耐圧防爆認証を取得して、今年10月から販売開始を予定。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG