制御盤設計の安全で新資格制度NECAが創設検討6月めどにWGを発足

2012年5月30日

日本電気制御機器工業会(NECA、山田義仁会長)は、安全関連事業のさらなる展開に向けて、3つ目の制度「制御盤設計安全分野」(仮称)の創設について検討に入った。今年6月末をめどにワーキンググループ(WG)発足に向けた参加者を募り、制度実現に向けた検討を加えていく計画。 NECAは、工業会活動の推進施策の中で、3S(Standardizaton・標準化、Safety・安全、Sustainable Society・環境関連)をベースとした新成長戦略への貢献を掲げている。 この中のSafetyでは、安全・安心の資格制度として、機械安全のセーフティアセッサ(SA)および機械運用安全のセーフティ・ベーシッ…