光電・近接センサ各社の主力製品 アズビル光電センサー「HP7(セブン)シリーズ」 透過形での信頼性大幅向上

2012年5月16日

アズビル(旧山武)は、光電センサー、近接センサーをはじめ、レーザーセンサー、超音波センサー、画像センサー、地震センサー、パーティクルセンサーなど幅広いFAセンサーをそろえている。 光電センサーの新製品として「HP7(セブン)シリーズ」の販売を開始した。 新シリーズは、インバーター蛍光灯やLED照明など変化する照明に対応するために、受発光部分の改良と新信号処理アルゴリズムの採用で、耐外乱光性能を改善した。特に最も良く使用される透過形での信頼性が大幅に向上している。 また、透過形には業界で初めて異周波も用意することでお互いの相互干渉を防げ、複数のセンサを密着して取り付けることが可能。 さらに、生産…