光電・近接センサ各社の主力製品 アズビル光電センサー「HP7(セブン)シリーズ」 透過形での信頼性大幅向上

アズビル(旧山武)は、光電センサー、近接センサーをはじめ、レーザーセンサー、超音波センサー、画像センサー、地震センサー、パーティクルセンサーなど幅広いFAセンサーをそろえている。

光電センサーの新製品として「HP7(セブン)シリーズ」の販売を開始した。

新シリーズは、インバーター蛍光灯やLED照明など変化する照明に対応するために、受発光部分の改良と新信号処理アルゴリズムの採用で、耐外乱光性能を改善した。特に最も良く使用される透過形での信頼性が大幅に向上している。

また、透過形には業界で初めて異周波も用意することでお互いの相互干渉を防げ、複数のセンサを密着して取り付けることが可能。

さらに、生産現場で感度調整が必要な場合に、問題解決ボタンを押すことによりセンサ感度を最適値に自動調整でき、従来のボリウム式での調整のバラつきがなくなり、確実な調整につながる。

その他、検出距離は長距離から短距離まで幅広くラインナップ、様々なアプリケーションに対応し、光源、検出幅などが選べる、取付け部分に金属製スリーブを採用して確実な締め付けが可能なため、タップの破壊を回避し、設置作業時間も短縮が可能などの特徴を持つ。

(http://www.compoclub.com)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG