Check !!

主要各社のFA関連製品 日東工業 加工可能な最大板厚は2・3ミリレーザー穴加工システム

日東工業は、レーザー加工機を使用して、同社の標準在庫品の商品に対して追加工を行い、キャビネット穴加工品として短納期で届ける「レーザー穴加工システム」サービスを提供、好評を博している。

高出力のレーザー光により金属を溶断して、穴加工を行うもので、加工可能な最大板厚は、2・3ミリ以下、基本形状は真円または、その円弧および直線で構成される穴(閉じた形状)が加工できる。

加工可能な部分は、キャビネット本体の扉、左右側面、天面、底面、背面の6面とメーターパネル。キャビネット本体以外の鉄製基板、木製基板、基台(自立製品)などには加工できない。

キャビネットのレーザー加工有効範囲図は、同社ホームページから利用でき、キャビネット穴加工図作成サイト「ジャストラインレーザー」も同社から提供されている。

注文台数が10台未満の場合、最短で注文後2日目に発送が可能。

料金は、キャビネット本体価格+基本価格+穴加工価格。

(http://www.nito.co.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG