機構改革人事

オムロン
(3月21日付)

【組織改革】
1.インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー(IAB)に「レーザ事業部」を新設。
2.技術・知財本部に、グローバルリソースマネジメント本部傘下の「知的財産センタ」を移管。「技術本部」を技術・知財本部に改称。
3.電子機器事業本部に「UPS事業部」を新設。

【人事異動】
▽技術・知財本部長(技術本部長兼応用開発センタ長)執行役員常務荒尾眞樹▽グローバル戦略本部長付(オムロン
チャイナ会長兼社長)執行役員後藤龍之介▽環境事業推進本部事業開発担当兼事業企画部長(オムロンオートモーティブエレクトロニクス副社長)同江島秀二▽IAB企画室長(IABオムロン
エレクトロニクスLLC社長)執行役員十河太治▽技術・知財本部OTF担当・環境技術担当兼知的財産センタ長(環境事業推進本部長)同・勅使川原正樹
▽グローバルリソースマネジメント本部理財センタ長(IAB企画室長)大上高充▽グローバルプロセス革新本部企画室長(グローバルプロセス革新本部企画室)三輪建夫▽同本部品質革新センタ長(同本部同センタ品質技術部長)青木則茂▽兼IABオムロン
エレクトロニクスLLC社長
執行役員常務・IAB社長藤本茂樹▽兼IABレーザ事業部長
オムロンレーザフロント社長小林光生
▽エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー(EMC)エンジニアリングセンタ所長(グローバルプロセス革新本部品質革新センタ長)奥村義知▽電子機器事業本部企画室長兼UPS事業部長
電子機器事業本部長筒井哲志▽技術知財本部応用開発センタ長(応用開発センタ)内田大道▽グローバル戦略本部長付(オムロンチャイナ会長兼社長)執行役員後藤龍之介▽グローバルリソースマネジメント本部長付(グローバルリソースマネジメント本部理財センタ長)同春田正輝▽オムロンチャイナ会長兼社長(IABオムロン上海社長)同土居公司▽環境事業推進本部長(IABオムロンヨーロッパ会長兼社長)同行本閑人
【関係会社】
オムロン飯田社長
執行役員常務・オムロンオートモーティブエレクトロニクス社長鈴木吉宣▽IABオムロン上海社長(IAB産業機器統轄事業部綾部工場長)IAB田井篤▽IABオムロンヨーロッパ会長兼社長(IABオートメーション統轄事業部コントロール事業部長)同臼井裕之▽オムロンエフエーストア社長
IABグローバルサービスセンタ企画部長永澤行雄▽オムロン直方社長(電子機器事業本部企画室長)古川直史▽オムロンティー・エー・エス社長
オムロンフィールドエンジニアリング和田達明
(6月21日付)
▽執行役員専務(執行役員常務)IAB社長兼オムロン
エレクトロニクスLLC社長藤本茂樹▽執行役員常務(執行役員)EMC社長多田幸一▽同(同)オムロンヘルスケア社長宮田喜一郎▽執行役員、グローバルリソースマネジメント本部理財センタ長大上高充▽同
IABオムロン
インダストリアルオートメーションチャイナ社長大場合志
▽退任(執行役員・グローバル戦略本部長付)後藤龍之介、(執行役員・IABオムロン
インダストリアルオートメーションチャイナ社長)春田正輝。 因幡電機産業
(4月1日付)
▽営業本部長兼務を解く
代表取締役社長守谷承弘▽営業本部長、商品事業部・Eテック事業部担当(営業副本部長、Eテック事業部長)常務・環境システム事業部担当吉田益巳▽兼電設西日本事業部海外営業部長常務・営業副本部長、電設東日本事業部・電設西日本事業部・近畿電設事業部担当枝村浩平▽兼東京管理部長
取締役・管理本部長兼経営企画室長兼総務部長家郷晴行▽営業本部担当、兼電工事業部電工海外営業部長、電工事業部担当(電工事業部長)同・山本節次郎▽海外営業部長を解く
兼東光電機産業社長、電設東日本事業部長、同・岩倉広幸
▽電材西日本事業部第2営業部長(第2営業部四国販売部長)馬場伸浩▽電設西日本事業部第2営業部長(第3営業部長)内田昌宏▽Eテック事業部Eテック事業部長(春日電機取締役営業担当)北野明彦▽電工事業部電工事業部長(東日本第1営業部長)江川浩一▽同事業部西日本第2営業部長を解く
同事業部副事業部長宝一徳▽同事業部東日本第1営業部長(東日本第1営業部首都圏1課長)徳永茂行▽同事業部西日本第2営業部長(西日本第2営業部九州2課長)葛山豊。
(6月22日付)
▽新任社外監査役=藤原利往、同井之上明彦▽退任社外監査役=瀬尾眞澄、同平松靖弘。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG