NO IMAGE

「安全と安心」をテーマに大阪自動電機が安全対策スイッチを拡充

大阪自動電機(大阪市旭区大宮4―20―18、TEL06―6951―2331、与田清社長)は、「安全と安心」をテーマにテープスイッチ、マットスイッチ、センシングエッジ、フェイルセーフコントローラなど、安全対策製品の拡充を図る。

同社はフットスイッチの総合メーカーで、特に安全性・機能性・経済性に優れるフットスイッチは、各種工作機械などの産業機器から、電車・バスなどの運輸車両、縫製機器、医療機器、測定機器など民生機器まで幅広い分野で採用されており、高い評価と信頼性を得ている。

最近では、EN規格適合品のSM2形シリーズに、誤動作防止用のペダル安全ロックレバーS4を取り付けた「SM2□S4形シリーズ」が、誤って踏んでしまうといった誤動作を防ぐ安全仕様を打ち出し、各種工作機械のほか医療用機器向けなどへの採用が進み、グローバルで需要が拡大している。

さらに、同社では「あらゆるシーンで安全と安心をサポートする」をキャッチフレーズに、テープスイッチやマットスイッチ、センシングエッジ、バンパースイッチ、フェイルセーフコントローラなど、各種の安全対策スイッチ・機器にも注力している。

こうした製品群は、産業用機器・ロボットの非常停止用や、自動ドアなど扉の挟まれ防止、駐車場の昇降機用などの安全対策に対応するものとして、受注が急増している。こうした機器を採用することで、工場の自動化推進や人件費削減にもつながっており、特にセットメーカーの工場などで需要が拡大している。

さらに、リレー負荷の開閉により100万回以上という長寿命や、設置工事が簡単でメンテナンスが容易、カーブした場所や狭いところにも取り付け可能といった特徴があり、防犯分野や介護・福祉分野、アミューズメント関係など、工場からオフィス、家庭、病院、公共施設など、あらゆる分野で採用が拡大している。

また、さらなる安全確保という観点から、マットスイッチやテープスイッチなどと接続し、電源側のトラブルやスイッチ回路の断線、停電が起こった場合でも、スイッチを動作させた時と同じ出力が得られるフェイルセーフコントローラも、FA現場の安全をバックアップする断線確認回路として採用が拡大しており、CE、cUL、TUVの認定を取得している高精度タイプも発売している。

同社では、今後も「安全と安心をサポートする」をキャッチフレーズに、こうした安全対策用の各種スイッチ・機器事業を拡充する方針。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG