Check !!

Faセンサ 各社の主力製品 ピーアンドエフ曲線部にも設置可能ポジションエンコーディングシステム「WCS3B」

ピーアンドエフは、FAセンサとして、ポジションエンコーディングシステム「WCS3Bシリーズ」の拡販に注力している。

WCS3Bは、複数の光電センサを内蔵したセンサヘッドと、絶対値を持った樹脂製、またはステンレス製のコードレールで構成される。

センサヘッドは、移動体に装着され、コードレールをまたいで設置、プラスマイナス0・4ミリの精度で、コードレールの絶対値を読み取っていくことができる。

主な特徴は、移動速度750メートル/分まで対応でき、直線だけでなく曲げ半径0・5メートルの曲線部にも設置可能となっており、用途が広い。

また、絶対値制御が可能なため、制御上の基準位置を設ける必要がないなど、使いやすい。

さらに、非接触での設置を簡単にする様々なアクセサリもそろっている。

通信ネットワークは、DeviceNet、Profibus
DP、イーサネットなどの各バスに接続できるほか、パラレルインターフェイスでPLCに接続が可能。

主なアプリケーションは、自動車コンベヤー、自動倉庫、天井走行クレーン、台車、搬送機械など。

(http://www.pepperl‐fuchs.jp)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG